はじめての一人暮らし

 

お部屋探しのポイント

現役大学生にお部屋探しの際に最優先したお部屋の条件についてアンケートを取りました!(男子学生137人、女子学生126人) 男女ともに上位に挙がっているのはお家賃です。学生さんは家賃のほかに学費も払わなければならないので、できるだけ家賃は抑えたいもの。大きく男女差が表れるのはセキュリティ面です。女の子の場合、ご両親も大変心配なので、オートロックや2階以上のお部屋を選ばれる方が多いようです。また、女の子の場合はバストイレ別、洗面台付などの水廻りも気になるところ。予想外だったのは、男の子でお部屋の広さをこだわる人が多いこと。意見を伺ったところ、友達を呼んで遊びたい、大きいテレビが置きたい、ギターのアンプなど部活・趣味の道具が多いから、などの回答がありました!

「大学の近くに住みたい」落とし穴

専修大学や明治大学の生田キャンパスは山の中にあり、駅から大学までの道は急な坂道です。「心臓破りの坂」とも言われ、学生たちの間では通学のことを「登山」と言っています。帰るときは「山降りるねー」なんて通学の便を考えると、一見生田駅などの大学付近の物件もいいですが、2年生になるとアルバイトや都内に行く機会も増えるので新百合ヶ丘駅や向ヶ丘遊園駅などの急行停車駅の駅10分以内がオススメです。それでも勉強一本いう方には大学付近で探すことは決して悪いことではありません。

向ヶ丘遊園駅付近に住みたい!

「バイトを頑張りたい!」「友達をいっぱいつくりたい!」という学生さんには、交通に便利な向ヶ丘遊園駅や登戸駅の駅付近がお勧めです!飲食店や居酒屋でアルバイトの募集がたくさんあります!また、急行停車駅なので新百合ヶ丘、町田方面、新宿方面でのバイトにも便利です。新宿だと時給も高くなります。また登戸だとJR南武線沿いで立川、府中、溝口、武蔵小杉、川崎などへも一本で行けちゃいます!

新百合ケ丘周辺に住みたい!

新百合ケ丘駅は意外と物件が少ないです。一見マンション群がたて並んでますが、分譲マンションと言って賃貸で貸しているマンションではありません。そのため向ヶ丘遊園駅よりは物件は少なくなります。オススメは百合ヶ丘駅です。専修大学・明治大学の通学だけを考えてみれば急行に乗る必要がないからです。こちらの駅は意外と新百合ヶ丘駅から近く、百合ヶ丘駅と新百合ヶ丘駅は歩いて15分かからない距離です。昭和音楽大学・日本映画大学・日本女子大学の学生様もたくさん住まれています。
また駒沢女子大学の学生様もバス便が多いため新百合ケ丘に住まれる方も多いです。聖マリアンナ医科大学も新百合ヶ丘・向ヶ丘遊園・百合ヶ丘駅とバス便がございますが百合ヶ丘駅が近くて便も多いという事でおすすめです。

電車で通学

向ヶ丘遊園は急行停車駅なので、周辺の各駅停車駅にすると相場が下がります!
読売ランド前駅、百合ヶ丘駅、柿生駅だとお家賃がお得になります。家賃は抑えたいけど、ある程度のクオリティのお部屋で駅近がいいという方には各停の駅近のお部屋がオススメです!

女の子の一人暮らし

女の子の一人暮らしは本人もご両親も心配。1階のお部屋は避ける、オートロックやモニターインターフォンのあるお部屋にするなど、セキュリティー面を重視しましょう!また、お部屋そのものの安全性だけではなく、生活範囲全体の安全性も重要です。物件の周辺に物陰が多いとか、駅からの道のりに街灯が少なくて暗いような物件は危険度が増してしまうのでご注意を!!結構ファミリー層の多い地域だとご近所さんもあたたかくて安心です!


家賃は自分で払う

実家からも通学できるんだけど、2時間くらいかかってしまう・・・・・・。などの理由で、入学後しばらくしてから一人暮らしを始める学生さんも少なくありません。そのような場合は、ご両親の指定された家賃の上限が厳しい><、自分で家賃を払わなければならないという人がほとんどです。このような場合はとにかく家賃の安い物件を探されます。また、バイトを頑張って稼がなくてはならないので、バイト先に通いやすい立地がおすすめです。バイト先の近くにお部屋を借りると、朝は大学に行き、授業が終わってバイト先へ、バイトが終わってへとへとに疲れてしまった後はすぐ家に帰れるのが便利です!